自分に合った自動車保険を見つける方法とは?

自動車保険の販売チャンネルについて

特別な理由がない限り最初の自動車保険は車を購入したときに同時に加入しているものです。特別な理由とは知り合いが自動車保険を販売しているパターンです。このパターンは代理店方式のはずですが、このパターンで加入している人はごく少数です。ほとんどの人が自動車保険について詳しいことはわからないまま車の販売会社の人に説明されるままに自動車保険に加入しています。
このパターンの方が更新を迎えるときに考えるべきことは保険料を下げることです。なぜなら、実は車の販売の人も本業は車の販売ですので自動車保険についてはあまり詳しくないからです。ですから、最初の更新のときは自分にとって有利な保険に入るチャンスともいえます。そのときに注意が必要なのは代理店方式にするか通販方式にするかです。自動車保険に加入する方法にはこの2つがあります。

代理店方式と通販方式の違い

一言で言うならば、保険料が違います。理由は単純で代理店方式は保険会社と契約者の間に代理店が入るからです。その中間マージンが発生する分保険料が高くなります。このように説明すると、断然に通販方式のほうが得なような気がしますが、両者を保険料だけで判断するのは早計です。なぜなら、契約者にとって代理店が中間に入るメリットというものがあるからです。 保険というものはテレビや食品を買うのとは違います。なにが違うかと言うと、購入するものが目に見えるかどうかです。自動車保険というのは目に見えないサービスです。目に見えないものを購入することほど不安なことはありません。その不安を解消してくれるのが代理店です。代理店は対面で保険の説明をして契約まで行ってくれます。通販は対面で人間が説明してくれる販売方式ではありません。この違いに留意して選ぶことが大切です。