自動車保険は大切?どんな時に役立つの?

万が一の事故に備える

自動車を所有する時に車検を取りますが、この車検の中には自賠責保険代も含まれています。自賠責保険に入っているから、任意の自動車保険に加入しなくても良いと思っていませんか?毎月の自動車保険代は安いものではありませんし、どの保険会社を利用すればいいのかがわからないから加入しないという人がいます。自動車保険は万が一の事故に備える為のものであり、事故に遭った時に対応してもらえるものです。「運転に自信があるから大丈夫」と加入しないのはおすすめできません。自動車保険は自分で事故を起こした時だけではなく、もらい事故の時にも役立ってくれます。いくら運転技術に自信があっても、他の車からぶつかられた時、それを防ぐのは簡単なことではないのです。万が一に備える為にも自動車保険の加入は検討するべき保険です。

対物事故の時に役立ってくれる

自動車保険は対人や対物に対して保障されるものですが、自動車保険に加入して助かったと感じる人のほとんどが対物事故の時と言われています。車同士での衝突の場合、走行中であったか停車中であったかによって割合が異なっていますが、無制限プランに加入しておけば、どれだけこちらが不利な状況でも保険会社から相手に支払ってもらうことができます。自動車保険に加入していなければ、すべて自分でお金を用意しなくてはいけなくなります。相手の車の損害度合いによって請求される額が数百万円になることもありますし、事故対応を自分で行わなくてはいけません。自動車保険に加入していれば、保険会社同士で対応をしてくれるので何もしなくても良いというメリットもあるのです。トラブルになった時も弁護士特約を付けておけば、対応してもらうことができます。