車の使用頻度や乗り方と保険内容を照らし合わせて決めていこう!

車の使用目的で保険が安くなる!?

通勤や旅行など様々な目的で車を使う機会が多いと思いますが、車の使用目的によって自動車保険料が変わることはご存知でしょうか?無駄な保険料を払わないためにも使用目的を常に把握して、更新時などにスムーズに切り替えられる準備をしておきましょう。まず使用目的は「通勤・通学」「日常・レジャー」「業務」に分けられ、業務は使用頻度が多く事故に遭うリスクも高まるため、一番保険料が高くなります。
その次に「通勤・通学」で、一番安いのは使用頻度や距離も少ない「日常・レジャー」になります。また「運転者範囲の見直し」も重要です。家族間で共有して1台の自動車を使っていた場合は子供が独立や結婚などによって乗る頻度が少なくなると運転者を夫婦限定などに変更することができ、保険料は安くなりますので「誰が乗っているか」というところも把握しておきましょう。

使用頻度で目的が変わる!?

使用目的が「通勤・通学」「日常・レジャー」「業務」に分けられますが、使用頻度にとって正しい目的が判断されます。例えば、使用頻度が年間を通じて月15日以上の送迎、通勤に使用していなければ目的は「日常・レジャー」となります。また、アルバイトなど毎日通勤しない場合もありますよね?その時も「週5日以上」または「月15日以上」通勤に使用するかどうかで判断します。このように使用目的を把握するのと同時に、自動車を使う日数も考えると保険が安くなる可能性があります。しかし、ここで気をつけたいのは虚偽の申請をしてはいけないということです。「日常・レジャー」を選択しながらも月15日以上の「通勤・通学」があった場合は契約を解除されてしまいますので、正しい目的を選択しましょう。