自動車保険の見直し時期がやってきた!あなたは今の保険料とサービスに満足?

自動車保険の基礎知識

自動車保険は加入しておくのが当然ですが、実がほとんどの人は内容をよくわからず加入しています。その理由は保険という商品が普段使うことがなく、しかも文字が書いてある契約書が複雑だからです。ですから深くは考えず言われるままに加入している人がたくさんいます。しかし、そのような加入の仕方は損をしている可能性もあります。つまり無駄な保険料を支払っていることですが、まずは自分に必要な保険を考えることが大切です。 自動車保険には自賠責(強制)保険と任意保険があります。自賠責は法律で義務付けられていますので選択の余地はありません。考える必要があるのは任意保険です。そして、任意保険には対人保険と対物保険があります。ちなみに自賠責保険は対人のみの保険ですが、上限がありますのでそれ以上の保障はしていません。ですから任意保険に加入しておくことが大切になってきます。

自分に合った自動車保険の考え方

任意保険には対人と対物がありますが、保障額は自分で決めます。今の時代はどちらも無制限が一般的です。なぜなら最悪の場合を想定するのが適切だからです。仮に、被害者が亡くなってしまったときの賠償額が数億円になることもあり、無制限でない場合は賠償で人生が終わってしまうことになります。それでは保険の意味がありません。対物も同様で業務用のトラックにぶつかりそのトラックに高額な商品が入っていたとき、やはり賠償額は高額になることがあるからです。
次に考えるべきは自分の身体のことです。事故を起こし過失が自分にもあったときは自分のケガについては過失の分は自分で負担する必要があります。そのために自分の身体を守る保険にも加入しておくことが必要です。つまり自動車保険に加入するときは賠償の目的と自分の身体を守る目的の2つについて考えることが基本となります。